『歴史に纏わるお話を、自分が見て来たかのように起承転結に沿ってお話する日本の伝統話芸』。
演者の前に「釈台(しゃくだい)」という演台を置き、「張り扇(はりおうぎ)」で調子をとりながら美しい日本語を駆使し、観衆に対して読み上げる芸能です。

講談を楽しむための三つのポイント<其の壱>

張り扇で釈台を叩き、「パパン」という音を響かせて調子良く語ります。この小道具を巧みに使った芸こそ「講談」ならではのものです。
また、「講談」は「落語」と比較して歴史が古く、奈良、平安の頃にその原型が見られます。但し、一般に良く知られる「講談」の始まりは「太平記読み」とされています。
食に困った浪人が老若男女を集めて「太平記」を面白おかしく読んでお聞かせしたというものです。これが「講談」のルーツです。

講談を楽しむための三つのポイント<其の弐>

張り扇で釈台を叩き、調子良くメリハリをつけて語ります。「講談」は何よりもリズムが命です。リズミカルな話芸の妙味によって、どんな荒唐無稽なお話でも嘘いつわりのない本当の出来事のように思わせてしまいます。
「講談師 見てきたような 嘘をつき」「講談師 扇で嘘を 叩き出し」とは昔からよく使われる言葉です。
嘘のことも本当にしてしまう話芸のマジック。そこにこそ講談最大の魅力があるのです。

講談を楽しむための三つのポイント<其の参>

「この紋所が目に入らぬか!」TVドラマで人気者の水戸黄門。実は、江戸時代の講談師が創った「水戸黄門漫遊記」が元です。
その他、大岡越前守、国定忠治、柳生十兵衛、清水次郎長など、映画、TVのヒーロー達の活躍も講談が生みの親と言えます。いわば講談は話の宝庫。一度高座をお聞きになれば話の収集家になれること間違いありません。